裁判で離婚するために必要な理由 | 大阪難波・堺の離婚慰謝料請求弁護士|弁護士法人ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の慰謝料請求専門サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでのご相談は24時間受付中

裁判で離婚するために必要な理由

裁判離婚は,裁判所が強制的に夫婦を離婚させることができる手続きであり,その効力は絶大です。そのため,裁判離婚が認められるのは,民法770条1項に列挙されている場合に限ります。
民法770条1項の中には,「配偶者に不貞な行為があったとき」との記載があることから,不貞行為があれば裁判上離婚できる可能性があります。しかし,不貞行為があった場合でも,裁判所が「一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるとき」には,離婚を認めてもらえないのです(民法770条2項)。たとえば,不貞行為が1回だけであった,不貞行為の期間が短かった等の理由で「婚姻関係の修復は可能だ」と判断されれば,離婚を認めてもらえない可能性もあるのです。
また,裁判離婚において「配偶者に不貞な行為があった」ことは離婚を請求する側が証明しなければなりません。そのため,浮気や不倫の証拠を収集しておくことが非常に重要なのです。

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!

お電話でのお問い合わせ

面談のご予約はメールから