浮気・不倫の慰謝料の請求額,相場と減額のテクニック | 大阪難波・堺の離婚慰謝料請求弁護士|弁護士法人ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の慰謝料請求専門サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでのご相談は24時間受付中

浮気・不倫の慰謝料の請求額,相場と減額のテクニック

浮気・不倫の慰謝料額は,不貞行為によって被った精神的苦痛が大きいほど高額になります。婚姻関係の破綻の程度が大きければ,相手方が被った精神的苦痛も大きいといえるでしょう。この点を考慮すると,不倫の慰謝料の相場は,おおよそ以下の通りとなります。
不貞行為によって相手方夫婦が離婚した場合=100万円~300万円
離婚はせず別居した場合 =100万円~200万円
別居もしない場合    =50万円~100万円
これはおおよその相場であって,必ずしもこの範囲に収まるとは限りません。しかし,この相場からかけ離れた額を相手方から請求された場合には,慰謝料額を減額できる可能性が高いといえます。

この他にも慰謝料の額を算定するにあたり重要な要素は複数あります。
婚姻期間が短い幼い子供がいない等の相手方の事情は,慰謝料を減額する要素となります。
また,不貞期間が短かった,不貞の回数が少なかった,不倫相手が「結婚していない」「夫婦関係がうまくいっていない」等と嘘をついていた,等の事情も慰謝料を減額する要素となりますから,積極的に主張していくべきです。
さらに,不倫・浮気相手から誘ってきた不倫・浮気相手の方が不貞行為に積極的であった,という事情も,減額要素となります。しかし,どちらが積極的であったかという点は当事者間で争いになりがちです。そのような争いを避け,減額交渉を有利に進めるためにも,不倫相手とのメールや手紙等は処分せずに保管しておくべきです。
そして,不倫や浮気発覚後の態度もまた,慰謝料額の算定要素となります。そのため,不倫や浮気発覚後は速やかに不倫関係を解消し,自らの行動を省み,相手方に対し真摯に謝罪するべきです。

以上述べてきた中で,離婚の有無,婚姻期間,不貞行為の期間,は特に重要な要素であると考えられています。

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!

お電話でのお問い合わせ

面談のご予約はメールから