浮気・不倫の慰謝料を請求されたとき,すべきことは? | 大阪難波・堺の離婚慰謝料請求弁護士|弁護士法人ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の慰謝料請求専門サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでのご相談は24時間受付中

浮気・不倫の慰謝料を請求されたとき,すべきことは?

まず,請求の内容をきちんと確認してください。
相手方が主張している不倫の内容に誤っている部分はありませんか?請求額が不当に高額ではありませんか?また,場合によっては,時効により相手方の慰謝料請求権が消滅している可能性もあります。
焦燥に駆られ相手方に直接連絡等をする前に,請求の内容をきちんと確認してください。確認を怠り相手方と直接やり取りをした結果,支払わずに済むはずの慰謝料を支払わなければならなくなるおそれもあるのです。
慰謝料請求にどのように対処してよいのか不安に思われることが多いはずです。そのような場合は,法律の専門家である弁護士にご相談なされることをお勧めします。

どのような手段で請求されたのですか?
裁判所から訴状が届いたのであれば,これを放置すると最終的に財産を差し押さえられる可能性があります。また,弁護士等,法律の専門家から内容証明郵便が届いたのであれば,ご自身で弁護士と交渉をすることは困難です。弁護士を立てた以上,相手方はいずれ裁判所に訴訟を提起する可能性が高いといえます。
これらの場合,ご自身で対処することは困難ですから,速やかに弁護士を立てて相手方との交渉を進めるべきです。

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!

お電話でのお問い合わせ

面談のご予約はメールから