コラム | 大阪難波・堺の離婚慰謝料請求弁護士|弁護士法人ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の慰謝料請求専門サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでのご相談は24時間受付中

別居中の交際は不倫に該当しますか?

はじめに

夫婦が何らかの理由で別居をしているとします。一方の配偶者が異性と交際を行った場合に,もう一方の配偶者は慰謝料を請求することができるのでしょうか?
そもそも,別居中の交際は不倫に当たるのでしょうか?
以下では,別居中の交際が不倫に当たるかどうかについて解説していきます。

別居中の交際が不倫に当たるか

別居中の交際が不倫に当たるかどうかは,別居が何を前提としているかによって変わってきます。
不倫慰謝料との関係では,離婚を前提とした別居と離婚を前提としない別居の2つが考えられます。

離婚を前提とした別居

夫婦間の関係が悪く別居をしたり,長期間の別居により夫婦間の関係が冷え切ってしまう場合のような,それぞれが離婚することを前提に別居をしている場合を考えます。
このような場合,一方の配偶者が他方の配偶者の生活に干渉をしない状況であり,一方が異性と交際をしたり肉体関係を持とうが,これに基づいて慰謝料を請求が認められない場合があります。
法律上,婚姻関係が破綻している状態での交際の場合,不倫相手や配偶者に対し慰謝料を請求することができなくなります。
具体的には以下のケースで婚姻関係が破綻していることが認められやすいです。

別居中で既に離婚調停を進めており,双方が離婚について合意をしている場合

同居期間に比べて何倍も別居期間が継続しており,夫婦間のやり取りがない場合

このような場合には,一方配偶者が異性と交際をしたとしても婚姻関係が破綻しているとして慰謝料請求が認められないことがあります。
もっとも,裁判になった場合,婚姻関係の破綻があったかなかったかの二者択一により判断されるのではなく,婚姻関係の破綻があった場合には,慰謝料の額が減額されて判断される傾向にあります。

離婚を前提としていない別居

離婚を前提としていない別居としては,単身赴任や,親の介護などが考えられます。
このような場合には,婚姻関係の破綻は認められないことから,別居中に交際を行った場合には不倫に当たる場合があります。
もっとも,別居中に交際をしていた場合に必ず慰謝料を請求できるわけではなく,不貞行為にあたる必要があります。
不貞行為とは配偶者のある人が異性と自由な意思で肉体関係を持つことをいいます。
具体的には,次の場合に別居中の交際が不貞行為にあたるかが問題となります。

肉体関係のない浮気

不貞行為の定義には,肉体関係が含まれていることから,別居中に配偶者以外の異性とメールをしたり,ショッピングや映画に行くなどのデート,お互い抱き着いたりキスしたりする行為は,肉体関係を持ったとはいえず,不貞行為には当たりません。
もっとも,肉体関係がない浮気の場合,明らかに社会的に相当な範囲を超えた交際である場合には,夫婦間の平穏を害したとして慰謝料の問題になる可能性があります。
キスの場合,不貞行為に類似する行為として慰謝料の問題となる可能性があります。

風俗に通う場合

別居中,風俗で性的サービスを受けた場合,不貞行為にあたらなくても不貞行為に類似する行為にあたり慰謝料の対象となる可能性があります。もっとも,風俗嬢に対し慰謝料を請求することは証明の点から困難であると考えられます。

強姦や性行為を強要された場合

不貞行為は,配偶者以外の異性と自由な意思で肉体関係を持つことをいいますが,別居中に強姦や性行為を強要された場合には,自由な意思がないため不貞行為には当たらず,慰謝料を請求できません。なお,強姦をした側は,自由な意思で肉体関係を持ったといえるため不貞行為にあたり,慰謝料を請求できます。

しつこく誘われて性行為をした場合や,酔っぱらって性行為をした場合

別居中,しつこく誘われて仕方なく性行為をした場合,性行為をするかどうかを自分の意思で決めているため自由意思で肉体関係を持ったといえ不貞行為にあたります。また,酔っぱらって性行為をした場合であっても,やはり自由意思で肉体関係を持ったとして不貞行為にあたります。また,酩酊して抵抗ができない状態で性行為を行った場合には,もはや自由意思はなく不貞行為には当たりません。

ダブル不倫の場合

別居中に,夫も妻もいずれも不倫をしている場合,一方から見ればもう一方の行為は不貞行為にあたります。このような場合,双方の配偶者がそれぞれの不倫相手や配偶者に対し慰謝料を請求できる関係となります。

おわりに

別居中の交際の場合,既に離婚を前提とした別居など婚姻関係が破綻している場合には,不倫に当たらない場合があります。一方,離婚を前提としない別居の場合,交際の内容によっては,不倫として慰謝料の対象になる場合があります。
法律事務所ロイヤーズ・ハイでは,不倫慰謝料について経験豊富な弁護士が在籍しています。不倫慰謝料を請求したいと考えている方は当事務所の弁護士に相談することをお勧めします。

その他のコラム

2回目の慰謝料請求は高額に!?

詳細を読む

夫が職場で不倫したので相手に退職を迫...

詳細を読む

不倫を言いふらされると名誉棄損!?

詳細を読む

探偵の調査費用は裁判で請求できますか...

詳細を読む

会社が倒産した慰謝料を減額できますか...

詳細を読む

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!

お電話でのお問い合わせ

面談のご予約はメールから