コラム | 大阪難波・堺の離婚慰謝料請求弁護士|弁護士法人ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の慰謝料請求専門サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでのご相談は24時間受付中

婚姻破綻と認定されるには

 裁判上,不貞相手に慰謝料を請求しようとする場合,民法上の不法行為に基づいた損害賠償を請求する,ということになります。そのため,「不貞行為によって何らかの権利・利益が侵害された」といえなければなりません。つまり,不貞行為によって円満だった夫婦関係に亀裂が生じた,と認められなければならないのです。
 ここで,不貞行為に及んだ時点で既に婚姻関係が破綻していた場合には,「不貞によって」婚姻関係が破綻したとはいえません。この場合,不貞行為で新たな利益侵害は生じ得ないのですから,裁判上,慰謝料の請求は認められないかもしれません。つまり,不貞の慰謝料請求との関係では,婚姻関係破綻の時期が重要なポイントとなるのです。
 では,どのような事情があれば「婚姻関係が破綻した」といえるのでしょうか。ここでは,婚姻関係の破綻について,具体的に解説していきます。

1.離婚の有無

 婚姻関係の破綻の最たるものが「離婚」です。婚姻関係を継続し得ないからこそ離婚するのですから,一番分かりやすい破綻の形だといえます。
 不貞が発覚し,離婚に至ったという場合には,不貞によって婚姻関係が破綻したと認められやすいでしょう。また,不貞発覚後に離婚に向けた話し合いが進められている場合や,離婚調停を申し立てたような場合にも,不貞による婚姻関係の破綻が認められやすいと考えられます。
 一方,不貞行為に及ぶ前から離婚に向けて話し合いがなされていたり,離婚調停が継続していたという場合には,不貞行為の前から婚姻関係が破綻していたという推認がはたらきます。
 ただし,単に「離婚したい」と一方的に言っていた,というだけでは婚姻関係の破綻と認められるには不十分でしょう。夫婦間で,財産分与や養育費・親権など,離婚の条件について具体的に話し合いがされていた等の事情が必要です。
 以上のように,不貞慰謝料との関係では,離婚に向けた話し合いがいつから始まっていたのか,が重要なポイントになります。

2.別居の有無

 次に,不貞が発覚する前から夫婦が既に別居していたという場合も,婚姻関係が破綻していたと認められやすいでしょう。この場合でも,別居はしているが夫婦間の接触は頻繁にあったと認められれば,婚姻関係の破綻は認められにくいと考えられます。
 不貞行為が発覚し,別居が始まったのか,不貞行為の前から既に夫婦が別居していたのかが,不貞慰謝料との関係では重要です。

3.夫婦間の接触の有無

 これまで見てきた離婚や別居は,夫婦間の交渉が無くなる典型例です。そのため,同居していたとしても,別々の寝室で就寝している,食卓を一緒に囲まない,夫婦間で会話が一切ない,家計も別々である等,いわゆる「家庭内別居」と言われる状態が続いていたという場合にも,婚姻関係の破綻が認められる場合があります。
 不貞行為の以前から家庭内別居の状態にあれば,既に婚姻関係が破綻していた,と認めてられるかもしれません。一方,不貞行為が発覚するまでは夫婦で旅行に行っていた,家族で食事に出かけていた,等の事情があれば,婚姻関係が破綻していたと考えるのは難しいでしょう。

4.その他

 その他にも,DVや暴言・モラハラ,過度な宗教活動,浪費癖等,婚姻関係破綻の原因となる要素は様々です。「これがあれば婚姻関係破綻」という明確な定義は存在しません。
 そのため,不貞行為とは異なる原因での婚姻関係破綻が疑われる場合には,弁護士にご相談されることをお勧めします。

5.婚姻関係破綻の認識

 「婚姻関係は既に破綻していると聞いていた」という不貞相手の言い分はよく耳にします。不貞行為に及んだ配偶者が嘘をついていたのか,それとも本当に破綻していると思っていたのかは分かりません。しかし,婚姻関係の破綻の有無は客観的に認定されるものですから,不貞相手の認識は関係ないのです。
 また,配偶者の一方が,婚姻関係が破綻していると思っていた場合でも,他方配偶者は破綻していると思っていなかったり,客観的に見て円満な夫婦関係が継続していると認められる場合には,婚姻関係の破綻は認められません。

 ただし,不貞相手が,「婚姻関係が破綻していると過失なく信じていた」と言える場合には,不貞相手に落ち度はないとして,慰謝料請求が認められない可能性はあります。もっとも,「既に破綻している」という言葉を信じたというだけでは過失がなかったとは言えないでしょう。
継続している離婚調停の申立書を見せられたとか,別居している状況を自身の目で確かめた等,「婚姻関係が破綻していると信じてもやむを得ない」といえる場合でなければ,過失は認められる可能性が高いのです。

 このように,婚姻関係の破綻の有無は不貞慰謝料の請求との関係では重要な要素になります。しかし,いつから婚姻関係が破綻していたのか,本当に破綻していたといえるのかは,判断が難しいものです。慰謝料請求を考えているが,「既に婚姻関係が破綻していた」と言われるか心配。慰謝料を請求されたが,婚姻関係は破綻していると信じていた。こういった事情がおありの場合には,弁護士にご相談されることをお勧めします。

その他のコラム

内容証明に書いておきたい内容

詳細を読む

分割した慰謝料が途中から支払われない...

詳細を読む

不貞行為を黙認した相手方の親にも慰謝...

詳細を読む

保釈の際の保証金の相場

詳細を読む

確定した慰謝料を拒否するとどうなる?

詳細を読む

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!

お電話でのお問い合わせ

面談のご予約はメールから