浮気・不倫の証拠の取り方 | 大阪難波・堺の離婚慰謝料請求弁護士|弁護士法人ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の慰謝料請求専門サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでのご相談は24時間受付中

浮気・不倫の証拠の取り方

まず考えられる証拠として,不倫・浮気相手とのメールやSNSのやり取り,通話履歴等が考えられます。
単にメールやSNSのやり取りをしているというだけでは証拠として弱いです。メールの中に肉体関係の存在を推認させるようなやり取りがあれば,強い証拠といえます。
これらの証拠は,メールやSNSを表示させた画面を他の携帯電話やカメラで撮影する,画面をプリントアウトする等の方法によって証拠として確保してください。相手方の氏名やメールアドレスが表示された状態で撮影等をするようにしてください。

次に,不倫を疑わせるような写真が証拠として考えられます。ラブホテルの一室で撮影されたような写真等,恋人同士であることをうかがわせるような写真がよいでしょう。
写真は現物を証拠として所持することが望ましいですが,それが不可能な場合はコピーを保管するか,写真が表示された画面を携帯電話などで撮影する,画面をプリントアウトする等の方法によることが考えられます。
なお,写真データは修正等がされると当然証拠としての価値が下がりますから,デジタル加工などは行わないようにしてください。

ホテルの領収書やクレジットカードの明細なども証拠として考えられます。
ホテルの領収書は,2人で宿泊したことが分かるものである必要があります。クレジットカードの明細についても,ホテルに2人で宿泊したことが分かるようなものを証拠として保管してください。
これらも現物を所持することが望ましいですが,それが困難な場合にはコピー等をしておいてください。

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!

お電話でのお問い合わせ

面談のご予約はメールから