コラム | 大阪難波・堺の離婚慰謝料請求弁護士|弁護士法人ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の慰謝料請求専門サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでのご相談は24時間受付中

離婚前と離婚後の慰謝料請求の差

 配偶者の不貞相手に慰謝料を請求したいけど,いくら請求すればいいのか分からない,という方は多いはずです。不貞相手に請求した後に,「やっぱりもっと請求すればよかった…」と思っても,一度成立した合意をなかったことにするのは,ほぼ不可能です。  あなたの精神的苦痛に見合った慰謝料を得るためにも,事前に相場を知っておくことは不可欠です。そこで,ここでは,不貞の慰謝...

詳細を読む

慰謝料請求に必要な「証拠」とは

不貞慰謝料を請求する場合,証拠の確保は必須です。証拠がないまま不貞相手に慰謝料を請求すると,とぼけられたうえ,証拠を全て消されてしまうかもしれません。また,不貞を白状させようと配偶者と問いつめた結果,証拠をいつのまにか消されてしまうという結果になることも考えられます。証拠を握っていれば,「この日にこの場所で風体行為に及んだ」と,相手に具体的な事実を突きつける...

詳細を読む

不倫相手と直接交渉する際のポイント

夫や妻の不貞を発見した場合,配偶者や不貞相手を問い詰めたいと思うでしょう。慰謝料を請求してやりたい,とも思うはずです。 直接自分に謝罪してほしいから,弁護士には頼まず,交渉は自分で行いたいと考える方も多くいらっしゃいます。不貞相手が友人・知人である場合にはなおさらそう考えるでしょう。しかし,ご自身での対応には限界があります。一度請求したものの,交渉が上手く...

詳細を読む

裁判の合意は可能ですか?

 訴訟手続きは,裁判所に,判決という形での最終判断を出してもらうことを目指す手続きですから,時間と手間がかかります。不貞相手が不貞を全く認めない,満足いく額の慰謝料を支払ってもらえない。納得がいかないので訴訟を提起したものの,想像していた以上に面倒なことが多い。そう感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。  逆に,訴訟を提起してしまうと,自分の慰謝料請...

詳細を読む

婚姻関係破綻(夫婦関係破綻)と証明されるには

裁判上,不貞相手に慰謝料を請求しようとする場合,民法上の不法行為に基づいた損害賠償を請求する,ということになります。そのため,「不貞行為によって何らかの権利・利益が侵害された」といえなければなりません。つまり,不貞行為によって円満だった夫婦関係に亀裂が生じた,と認められなければならないのです。 ここで,不貞行為に及んだ時点で既に婚姻関係が破綻していた場合に...

詳細を読む

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!

お電話でのお問い合わせ

面談のご予約はメールから