解決事例一覧 | 大阪難波・堺の離婚慰謝料請求弁護士|弁護士法人ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の慰謝料請求専門サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでのご相談は24時間受付中

30代前半の男性の場合

子供の有無及び結婚歴 子供なし 結婚歴1~3年

結果: 和解交渉で,それぞれの男性から150万円ずつ獲得。

依頼者の妻が,同じ職場で2名の男性と不倫をしました。証拠はそれぞれ妻の自白(弁護士の指示で録音。)とLINEのやり取りがありました。 依頼者としては,それぞれの男性に慰謝料の請求をしたいとの要望でした。 そこで,弁護士からそれぞれの男性に電話連絡したところ,それぞれ当初は不貞を否定しましたが,一部の証拠を突きつけ,訴訟提起する旨を告げると,不貞を認めました。…

不倫が原因で相手夫婦が離婚したものの、40万円で和解成立

子供の有無及び結婚歴 子供なし 結婚歴5年未満

結果:離婚に至った場合の慰謝料は高額になる傾向にあります。しかし、本当にお金がなく慰謝料を支払う余裕がない、つまり、訴訟を起こして判決をとっても、強制執行できる財産がないことを説得的に伝えることができれば、交渉段階で少額の合意ができるかもしれません。 今回のケースでは、40万円での和解が成立しました。

アプリゲームで出会った女性と肉体関係を持ちました。女性が既婚者であることは知っていたのですが、「離婚する」というので交際をスタートさせました。女性の夫に不貞がバレたことから相手夫婦は離婚、私は女性の夫から慰謝料請求されました。 …

40代男性の場合

子供の有無及び結婚歴 子供 結婚歴

結果:1000万円の慰謝料請求を150万円に減額。

子供の習い事の場で知り合った既婚者の女性と不倫をしてしまい,それが女性の夫にバレて離婚することになったため,相手方の夫の弁護士から慰謝料を支払えとの電話がありました。 依頼者自身も妻帯者で,子供もいるため,家族にバレずに解決したいとの要望がありました。 証拠としては,依頼者自身が不倫を自白していたため,不倫自体は争わず,損害金額を争う交渉を弁護士間で行いまし…

婚姻歴が短くても、慰謝料100万円を獲得

子供の有無及び結婚歴 子供なし 結婚歴1年

結果:不貞回数が少なく、婚姻期間が短くても、「不貞があった」と言うことができれば、慰謝料は請求できますし、「不貞が原因で離婚した」と言えれば、増額事由にもなります。 相手方としっかり交渉した結果、慰謝料として100万円の支払いを受けることができました。

結婚して数か月、妻がインターネットで知り合った男性と仲良くなり、一度だけ肉体関係をもったようです。妻とは離婚することにしましたが、不貞回数が1回で、しかも婚姻期間も短いのですが、こんな場合でも慰謝料請求できるのでしょうか。 …

年齢40代男性の場合

子供の有無及び結婚歴 子供2名 結婚歴11~15年

結果:和解交渉で300万円の慰謝料を獲得。

自身の妻が職場の男性と不倫をしてしまった。 不倫の証拠としては,妻の自白とラブホテルに行ったというGPSがありました。 相手から慰謝料をとりたいことと職場で一切近づかないという要望がありました。 そこで,弁護士より相手方に対し電話で交渉したうえ,直接事務所にて対面し, 慰謝料として300万円を請求し,相手方も支払いに応じたため,300万円を支払ってもらうこと…

20代後半の女性の場合

子供の有無及び結婚歴 子供 結婚歴

結果:300万円の慰謝料請求を0円に減額。

職場で,妻のいる男性と不倫をしてしまい,それが男性の妻にバレて300万円の慰謝料の請求がされました。 また,自身も夫がおり,請求がされたことによって夫に発覚してしまいました。  相手方の女性は,弁護士をつけて300万円の請求をしてきましたが,弁護士から相手方の弁護士と粘り強く交渉したところ,双方の夫婦の4者間で,ゼロとする和解に応じてもらうことができました。…

20代後半の男性の場合

子供の有無及び結婚歴 子供 結婚歴

結果:300万円の慰謝料請求を50万円に減額。

バイト先で知り合った既婚者の女性と不倫してしまい,それが女性の夫にバレて300万円の慰謝料の請求がされました。 不倫の回数は2回ほどで,女性は依頼者より一回り年上で,女性の方からアプローチを受けていました。また,女性とその夫は離婚しないとのことでした。 そこで,弁護士から,慰謝料については,50万円以上は支払わないと告げたところ,相手方の夫は弁護士をたてて裁…

ダブル不倫でゼロ和解が成立!

子供の有無及び結婚歴 子供3人 結婚歴20年以上

結果:ダブル不倫の場合、自分の配偶者の不貞相手に慰謝料請求できる方が二人いることになります。今回のケースだと、BさんはCさんに、DさんはAさんに慰謝料請求できます。 しかし、AB・CD夫婦それぞれが離婚しないのであれば、慰謝料を請求し合っても、「お金が行き来するだけ」という可能性があります。 今回のケースでは、4者間で合意書を締結し、お互いに慰謝料の請求をしないという、「ゼロ和解」が成立しました。

既婚者の男性(A)と肉体関係を持ってしまいました。男性の奥さん(B)に不貞の事実がバレてしまい、慰謝料請求されました。私(C)も既婚者で夫(D)に内緒にしたかったのですが、奥さんが立てた弁護士から自宅に届いた内容証明郵便を私の夫が受け取ったことで、私も夫に不貞の事実がバレてしまいました。 …

せっかく締結した合意書なのに相手方が支払ってくれない!?

子供の有無及び結婚歴 子供なし 結婚歴5年以上

結果:合意書があれば、勝訴判決を得ることができる可能性は高まります。しかし、相手に財産が無ければ何の意味もありません。宝の持ち腐れになるのであれば、分割であっても、交渉段階で確実に支払ってもらえる内容で合意する方が良い場合もあります。 今回は、毎月3万円ずつの分割で、合計100万円の慰謝料を支払うという合意を締結しました。分割の場合は、履行を確保するため、公正証書を作成しておくこともポイントです。

夫の不貞が発覚したので相手の女性と話し合う場を持ち、「また不貞をしたら300万円支払う」という合意書を作成しました。今回、再び不貞行為に及んだので300万円の請求をしましたが、「払えない」と言われました。 相手の女性は顔見知りなので、生活に余裕がないことは知っています。支払う能力がないことは分かっているのですが、泣き寝入りするしかないのでしょうか。 …

40代女性の場合

子供の有無及び結婚歴 子供2名 結婚歴10~15年

結果:裁判で慰謝料150万円を獲得。

依頼者は,自身の夫と不倫女性がメールやLINEで裸の写真等を送り合っていたのを発見しました。子供の習い事の場で,夫と不倫女性は知り合ったようでした。 証拠は,双方の裸の写真がありました。 依頼者は,不倫女性と夫を別れさせ,近づけさせないこと,不倫女性に対して慰謝料の請求をすることを要望されていました。 そこで,弁護士から,不倫女性に対して,電話連絡したところ…

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!

お電話でのお問い合わせ

面談のご予約はメールから