弁護士に依頼する理由/慰謝料請求請求された - 不倫の慰謝料に強い大阪の弁護士法人ロイヤーズハイ

弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
大阪難波・堺・岸和田・神戸の慰謝料請求専門サイト

Reason

弁護士に依頼する理由

慰謝料請求をされた方の
弁護士に依頼する理由

  • 理由 その1
    理由その1

    ご自身が矢面に立たされることが
    なくなります。

    reason02_illust01

    弁護士があなたに代わって相手方と交渉をさせていただきますので、ご自身で相手と連絡をとる必要はなくなります。相手方が感情的になっている場合には、立場が弱いあまり言われるがままになってしまうことが多いですし、精神的にも楽になります。

  • 理由 その2
    理由その2

    適切な慰謝料額になるよう
    迅速・丁寧に交渉を行います。

    reason02_illust02

    慰謝料には事案ごとの相場があります。ご自身では、その相場が適正かどうかが分からないことが多いです。そのため、ご自身で交渉することにより、相場よりも高い金額で合意しようとしてしまうことがあります。そこで、弁護士が、適切な慰謝料額になるよう迅速かつ丁寧に交渉いたします。

  • 理由 その3
    理由その3

    問題を終結させ、
    蒸し返しを防ぐことが
    できます。

    reason02_illust03

    当事者間で話をすると、そもそも合意書をつくらないということもありますし、作ったとしても不完全な内容のものだと、また慰謝料を請求されてしまい、紛争が蒸し返されることがあります。そこで、弁護士が問題を終結させ、蒸し返しを防ぐために合意書を作成いたします。

  • 理由 その4
    理由その4

    お客様のニーズに合わせた早期解決策を
    ご提案いたします。

    reason02_illust04

    早期に解決されたいというご希望に合わせて解決案を提案いたします。ご自身で交渉をすると、早期解決にこだわるあまり高額な慰謝料を払うことになることもありますし、逆に相場が分からないままずるずると交渉を先延ばしにしてしまい、余計に相手を怒らせてしまい解決しないこともあります。
    そこで、弁護士が適正額の慰謝料額であり、かつ早期解決を目指すような提案をさせていただき、お客様にご判断いただけるようにいたします。

  • 理由 その5
    理由その5

    可能な限りの慰謝料減額を目指します。

    reason02_illust05

    ご自身で交渉を行うと、相場が分からなかったり、また相場が分かっても相場には幅があるので、立場が弱いだけに十分な減額活動ができないことがあります。
    そこで、弁護士が対応する場合には、事案ごとの慰謝料の相場には幅がある中でも、最大限の慰謝料の減額を目指します。

  • 理由 その6
    理由その6

    自信の返金制度

    reason02_illust06

    当事務所では、請求された慰謝料を減額できなかった場合には、一定条件のもとで返金をさせていただいております。そのため、ご自身で交渉をするよりも、弁護士にご依頼いただいた方が安心していただけると思います。