解決事例 - 不倫の慰謝料に強い大阪の弁護士法人ロイヤーズハイ

弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
大阪難波・堺・岸和田・神戸の慰謝料請求専門サイト

Solution

解決事例

solution_back
  • 50代男性の場合
    子供の有無及び結婚歴: 子供 あり 結婚歴
    不貞相手の配偶者から300万円の慰謝料を請求されたが,75万まで減額できた。

    趣味を通じて知り合った女性が既婚者であることを知ったうえで不貞関係を開始し,10か月近く経過した時点で,不貞相手の配偶者にバレてしまいました。弁護士を通じて慰謝料300万円を請求されたため,こちらも弁護士を立てる必要があると思い,不貞の相談数が多いロイヤーズ・ハイさんに依頼することにしました。相手の方は200万円の支払いが少なくとも必要と言われましたが,粘り強く交渉してもらった結果,75万円まで慰謝料を減額することができました。

  • 40代男性の場合
    子供の有無及び結婚歴: 子供 あり 結婚歴
    不貞相手の配偶者から400万円の慰謝料を請求されたが,100万円まで減額できた。

    不貞相手と同じサークルに入っており,半年程度不貞関係を継続していたところ,不貞相手の夫に不貞がバレてしまい,弁護士を通じて400万円の慰謝料を請求されました。こちらも弁護士を立てて対応しないといけないと思い,不貞事案をたくさん取り扱っているロイヤーズ・ハイさんに依頼することにしました。スピーディーに対応してもらい,最終的に慰謝料100万円まで減額してもらい,1か月程度で解決してもらえました。

  • 30代女性の場合
    子供の有無及び結婚歴: 子供 あり 結婚歴
    不貞相手の配偶者から250万円の慰謝料を請求されたが,20万円まで減額。自身の配偶者にも発覚せず解決できた。

    不貞相手から独身であると聞き交際していたところ,不貞相手の配偶者から連絡を受け,今後は不貞関係をやめるように連絡を受け不貞関係をやめていました。その後,不貞相手に誘われて2回ほど食事に行ったところ,弁護士を通じて不貞相手から250万円の慰謝料を請求されました。不貞相手の配偶者から連絡を受けてから肉体関係はなく,その時も独身と伝えた不貞相手が悪いと思っていると言われていたため,請求に納得がいかず,弁護士に依頼することにしました。不貞事案を多く取り扱っているロイヤーズ・ハイさんに依頼することにしました。粘り強く交渉してもらった結果,慰謝料を20万円まで減らすことができました。

  • 20代男性の場合
    子供の有無及び結婚歴: 子供 結婚歴
    不貞相手の配偶者から500万円の慰謝料を請求されたが,請求を退けた。

    同じ仕事のグループに入っている女性と仲良くなったところ,配偶者から不貞を理由に裁判を起こされ,慰謝料500万円を請求されました。食事に数回行っただけで肉体関係はなく身に覚えのない請求であり,どう対応していいかわからなかったため,不貞事案を多く取り扱っているロイヤーズ・ハイさんに依頼することにしました。結果,その女性が他の人と不貞していることを私だと勘違いしていると判明し,慰謝料請求を退けることができ,慰謝料を支払うことなく済みました。

  • 30代女性の場合
    子供の有無及び結婚歴: 子供 結婚歴
    不貞相手の配偶者から722万円の慰謝料等を請求されたが,10万円まで減額。

    風俗店に勤務していたときの客と交際するに至ったところ,客の配偶者にバレたため,不貞として慰謝料や探偵費用として722万円を請求された。結婚していたとは伝えられていなかったため,驚いたが自分も既婚者であったため,配偶者に発覚しないように,不貞事案を多く取り扱っているとネットで出ていたロイヤーズ・ハイさんに依頼することにしました。

    相手の配偶者は,既婚者であることを知っていたと強く主張したため,最終的に裁判になってしまったものの,裁判所では私が相手が既婚者であることを知らなかったことが認められました。結果的に,早期解決のため,10万円を支払うことになりましたが,極めて低い金額での解決になり大変満足しています。

  • 20代前半男性の場合
    子供の有無及び結婚歴: 子供 結婚歴
    不貞相手の配偶者を名乗る人物から慰謝料を払えと請求されたが,美人局と判明し慰謝料の支払いはなし。

    タップルで知り合った女性と肉体関係に至ったところ,不貞相手の配偶者を名乗る男性から慰謝料を請求すると言われたため,弁護士に依頼することにし,不貞事案を多く取り扱っているロイヤーズ・ハイに依頼することにした。弁護士に依頼することを不貞相手の配偶者を名乗る男性に伝え,弁護士から連絡したところ,その後一切の連絡がなく,慰謝料を支払うことなく済んだ。

  • 20代男性の場合
    子供の有無及び結婚歴: 子供 なし 結婚歴
    不貞相手の配偶者から350万円の慰謝料を請求されたが,金70万円まで減額。

    学生の時にマッチングサイトで不貞相手と知り合い,交際関係になった。肉体関係を持つ頃には既婚者であることを知っていたが,関係を継続していた。交際して1年くらいが経過したときに不貞相手との仲が悪くなり,関係を断つことを考えていたら,相手が配偶者に不貞していることがバレてしまい,相手の配偶者から慰謝料を請求された。当初は,不貞相手から「最低なことをした自覚を持て」など何度もしつこくLINEを送られるなど,どのように対応していいかわからなかったため,不貞慰謝料に強いロイヤーズ・ハイに依頼し,対応をお願いした。その結果,不貞相手から連絡が来ることもなくなり,慰謝料も70万円まで減額することができた。

  • 20代女性の場合
    子供の有無及び結婚歴: 子供 なし 結婚歴
    不貞相手の配偶者から330万円の慰謝料を請求されたが,金100万円まで減額。

    同じ職場の男性と不倫をしていました。相手方は不貞が原因でうつ病になったと主張し,330万円を請求してきたため,不倫・浮気の慰謝料や離婚に実績のあるロイヤーズ・ハイさんに依頼をしました。依頼以前は,すべて認めて慰謝料を支払った方が安くなると思っていましたが,弁護士さんにアドバイスをいただき,認めるべき部分と認めるべきでない部分を正しく見極めて主張してもらいました。最終的に,うつ病と不貞との間に因果関係はないと認められ,慰謝料も100万円まで減額することができました。

  • 40代女性の場合
    子供の有無及び結婚歴: 子供 あり 結婚歴
    不貞相手の女性と夫から合計200万円を獲得。

    夫が職場の部下と不貞していることが発覚したため,不貞相手を直接,問い詰め,以後一切の連絡を取らないことを約束させました。そのときは慰謝料請求まで気が回らなかったのですが,冷静になったときにどうしても慰謝料を請求したいと考え,ロイヤーズ・ハイさんに依頼することにしました。相手も弁護士を付けて交渉してきましたが,結果的に不貞相手から100万円,夫から100万円の合計200万円を獲得することができました。

  • 20代男性の場合
    子供の有無及び結婚歴: 子供 なし 結婚歴
    不貞相手の男性から150万円を獲得。

    妻が職場の上司と不貞していたことが発覚したため,妻とは別居することになりました。しかし,自身は単身赴任をしており平気な顔をしている不貞相手を許せず,弁護士を入れて慰謝料を請求することにしました。ネットで検索したところ,ロイヤーズ・ハイさんが慰謝料請求に力を入れていることを知ったので依頼することにしました。相手はこちらが持っている証拠と異なる事実ばかり言うため,低額な慰謝料では納得できず,粘り強く交渉を重ねてもらった結果,150万円の慰謝料を獲得することができました。