不貞相手の配偶者から250万円の慰謝料を請求されたが,20万円まで減額。自身の配偶者にも発覚せず解決できた。 【解決事例】 - 不倫の慰謝料に強い大阪の弁護士法人ロイヤーズハイ

弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
大阪難波・堺・岸和田・神戸の慰謝料請求専門サイト
30代女性の場合
子供の有無及び結婚歴: 子供 あり 結婚歴

不貞相手の配偶者から250万円の慰謝料を請求されたが,20万円まで減額。自身の配偶者にも発覚せず解決できた。

不貞相手から独身であると聞き交際していたところ,不貞相手の配偶者から連絡を受け,今後は不貞関係をやめるように連絡を受け不貞関係をやめていました。その後,不貞相手に誘われて2回ほど食事に行ったところ,弁護士を通じて不貞相手から250万円の慰謝料を請求されました。不貞相手の配偶者から連絡を受けてから肉体関係はなく,その時も独身と伝えた不貞相手が悪いと思っていると言われていたため,請求に納得がいかず,弁護士に依頼することにしました。不貞事案を多く取り扱っているロイヤーズ・ハイさんに依頼することにしました。粘り強く交渉してもらった結果,慰謝料を20万円まで減らすことができました。