不貞相手の配偶者から350万円の慰謝料を請求されたが,金70万円まで減額。 【解決事例】 - 不倫の慰謝料に強い大阪の弁護士法人ロイヤーズハイ

弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
大阪難波・堺・岸和田・神戸の慰謝料請求専門サイト
20代男性の場合
子供の有無及び結婚歴: 子供 なし 結婚歴

不貞相手の配偶者から350万円の慰謝料を請求されたが,金70万円まで減額。

学生の時にマッチングサイトで不貞相手と知り合い,交際関係になった。肉体関係を持つ頃には既婚者であることを知っていたが,関係を継続していた。交際して1年くらいが経過したときに不貞相手との仲が悪くなり,関係を断つことを考えていたら,相手が配偶者に不貞していることがバレてしまい,相手の配偶者から慰謝料を請求された。当初は,不貞相手から「最低なことをした自覚を持て」など何度もしつこくLINEを送られるなど,どのように対応していいかわからなかったため,不貞慰謝料に強いロイヤーズ・ハイに依頼し,対応をお願いした。その結果,不貞相手から連絡が来ることもなくなり,慰謝料も70万円まで減額することができた。