不倫慰謝料請求をするタイミング |大阪難波・堺の離婚慰謝料請求弁護士

大阪難波・堺の慰謝料請求専門サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでのご相談は24時間受付中

不倫慰謝料請求をするタイミング

配偶者の不倫によって深く傷つく人がほとんどです。追わせられた精神的苦痛はすぐに忘れられるものではないでしょう。

受けた精神的ダメージ分を不倫相手にも背負わせたいと考えるのならば不倫慰謝料の請求を考えるべきです。しかし多くの人が不倫慰謝料の請求についてよく知らないことでしょう。

ここではそのような人のために、不倫慰謝料を請求するベストなタイミングについてご紹介していきます。

配偶者の行動が怪しいと感じている人、そして今まさに不倫問題に悩まされている方はぜひ最後までご覧ください。

 

不倫の慰謝料請求には時効があるので注意

不倫の慰謝料請求は、不倫問題で離婚するか別居するのか、はたまた婚姻関係を継続するのかの話し合いで忙しくなります。
それ以前に不倫された事実に悲しみ、何も考えることができない方もいることでしょう。
しかしいつまでも、不倫慰謝料について何も行動を起こさないのはいけません。
それもそのはず、振り慰謝料には時効が存在しているからです。
慰謝料を請求できる権利があるにも関わらず、それを行使されることなく一定期間経過することで権利を失い、慰謝料の請求はできなくなります。
この時効については民法724条で、以下のように規定されているものであります。

  • 「不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害および加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。」

上記のように時効についてはきちんと法律で定められています。
不倫の事実を知った場合は様々な問題に頭を悩ますことかもしれませんが、時効が来る前にきちんと慰謝料のことについても焦点を置く必要があります。

 

不倫慰謝料の時効の起算点とは?

不倫の慰謝料では、様々な不倫に関する理由で請求できるものでもあります。
そして不倫の何に対して慰謝料を請求するかによって時効の起算点も異なります。
起算点とは慰謝料請求の権利を行使し始めることができるタイミングです。
このタイミングによって時効も変わってくるので注意が必要です。
それでは起算点について詳しく見ていきましょう。
 

不貞行為の事実を知った時点が起算点となる慰謝料

  • ・不貞行為自体に嫌悪を抱き生じる精神的苦痛から請求する慰謝料
  • ・不貞行為により婚姻関係が破綻したことから生ずる精神的な苦痛に対する慰謝料
  • ・不貞行為により夫婦が離婚することから生ずる精神的な苦痛で請求する慰謝料

これら3つの慰謝料請求の理由は、不貞行為の事実を知った日が起算点となります。
 

不倫相手を知った時点

一方で不倫相手を知った日が起算点となる場合は不貞行為の事実を知っていても、不倫相手を知らない場合が該当します。
不倫相手が分からなければ誰に請求すべきなのかの判断ができないため先ほどのタイミングを起算点にはできませんし、時効期間のカウントも始まりません。
ただし不倫相手の住所氏名が後から分かれば、起算点となり時効期間のカウントも開始されます。

 

不倫相手が行方をくらまし勤務先を退職する可能性もある

不倫相手が判明し、やっと慰謝料請求ができると安心してはいけません。
これは実際によくあることなのですが、不倫相手が行方をくらましたり、勤務先を退職・変更したりすることもあるのです。
相手がどこに行ったのが分からなくなってしまうと慰謝料の請求は事実上不可能になります。
様々な手段を使っても追跡することができなければ慰謝料請求ができずに月日が経ち時効。
そして泣き寝入りという形に終わってしまいます。
そうならないためにも慰謝料請求は起算点が来たらすぐに取り組まなければいけない問題なのです。
ただし、住む場所は移り変わっても勤務先はそのままであったというケースはかなりあります。
この場合には慰謝料回収のために給与を差し押さえるという手段も取れるので、勤務先が分かったとなればかなり慰謝料請求が成功する可能性は高くなるでしょう。
しかしながら差し押さえ後に勤め先を急に辞めて逃げる不倫相手もいるので注意してください。
どちらにせよ、不倫慰謝料の請求は早急に取り組むことをおすすめします。

 

慰謝料を請求するベストなタイミングとは?

それでは問題の慰謝料を請求するベストなタイミングについてですが、これは夫婦間の今後の関係や、証拠があるかどうかによって請求の適正タイミングが変わってきます。
 

離婚しない場合

離婚しないことを選択するのであれば、今後の生活や家族のことを思い浮気相手との関係を終わらせることにも注力しなければなりません。
そして修復を図らなければいけないため、かなり大変に感じることでしょう。
そういった関係の修復がきちんとできるよう、浮気の証拠を掴めたらすぐに浮気相手へ慰謝料を請求しましょう。
そして配偶者とは二度と会わないようにする契約書も交わしてください。
 

離婚する場合

離婚する場合のタイミングは離婚が成立する前に請求するのがいいでしょう。
その理由は離婚後、元配偶者と浮気相手が慰謝料の請求に応じないケースが多いからです。
ましてやその浮気相手と関係を続けるようであれば、請求するこちら側が非常に不利な立場になります。
先ほどの項目のように不倫相手と共に行方が分からなくなることも多いので、早めに手を打っておきましょう。
証拠を見つけたら即請求。
そして証拠を見つけるまで配偶者とは離婚しないことをおすすめします。

 

不倫の証拠がない場合はどうすれば?

不倫相手が分かる決定的な証拠がなければ慰謝料の請求は叶いません。
そのような状況に陥った場合はどうすればいいのでしょうか?
実際不倫というのは肉体関係の証拠がなかったとしても不倫相手だと思われる人物に内容証明郵便を送ったり、その相手と直接話し合ったりすることで、不倫したことを認めるケースがよくあるのです。
ですので、決定的な証拠がなかったとしても自身の頑張りによっては不倫相手を確定できるかもしれません。
配偶者の浮気に確信を持ち、相手らしき人がある程度掴めたら、素早く行動に興しましょう。
しかしながら不倫相手と配偶者が協力し合って、別の問題に発展することもあります。
人によっては「不倫相手との口論で勝てなかったらどうしよう」「不倫相手の恨みを買ってしまうかもしれない」と思う方もいるはずです。

そんな場合には法律に従ってしっかりと対応してくれる弁護士の力を活用しましょう。
弁護士に相談するのも慰謝料請求同様に早めに行うことが大事です。
不倫が疑われる時に弁護士に相談しておくのがベストとなるでしょう。
その他の場合でも弁護士は非常に頼りになる存在です。
離婚後の子供の親権や養育費でもめそうな場合や、一旦不倫で離婚したが離婚条件を変更したくなった時にも弁護士のサポートによって不倫問題を解決できます。
おすすめの弁護士は家の近くの弁護士というよりも、不倫問題に強い弁護士がいいでしょう。
時効があり慰謝料がもらえない可能性もある不倫問題だからこそ、必ず解決していけるように取り組んでいってください。

 

まとめ

不倫慰謝料は時効を考えて早めに取り組まなければいけない問題です。受けた悲しみにいつまでも打ちひしがれていては、時効を迎えてさらに悲しい結末を辿ることになってしまうでしょう。

そうならないためにも早めの対策が必要ですが、慰謝料以外にも困った時に役立つ弁護士のサポートを得ることで、様々な問題に悩まされる離婚問題を一気に解決できることでしょう。

配偶者の行動が怪しいと感じてきたら、早めに頼れる弁護士を探しておくといいかもしれません。

このコラムの監修者

その他のコラム

弁護士に依頼してまでも減額すべき慰謝...

詳細を読む

不倫慰謝料請求をするタイミング

詳細を読む

不当に高額な慰謝料からの防御方法

詳細を読む

不倫慰謝料請求後にしてはいけないこと

詳細を読む

不倫慰謝料請求を無視し続けるとどうな...

詳細を読む

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!

お電話でのお問い合わせ

面談のご予約はメールから