【完全版】マッチングアプリで知り合った男性が既婚者だったときの3つの対処法 |大阪難波・堺の離婚慰謝料請求弁護士

大阪難波・堺の慰謝料請求専門サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでのご相談は24時間受付中

【完全版】マッチングアプリで知り合った男性が既婚者だったときの3つの対処法

先日,マッチングアプリで知り合った男性。なんとなく名前を検索してみると既婚者であることが発覚!どう対応するべきでしょうか?

弁護士の視点から,押さえておくべき3つの対処法についてご説明させていただきます。

1.知り合った人は本当に既婚者か確認する

マッチングアプリで知り合った男性の名前をインターネット上で調べてみると,既婚者であるとの情報が。

男性は本当に既婚者なのでしょうか?同姓同名の人物だったりしませんか?

まずは心を落ち着けて,その情報元や他に同じような情報が無いか,しっかり確認してみましょう。

いきなり男性に直接聞くのではなく,第三者からの情報提供やインターネット上の情報収集など信用できる情報網からの情報によって確認した方がよいでしょう。

 

その男性が仮に既婚者である場合,自分が既婚者であることを隠して別の女性との関係を持とうとしているのですから,更なる嘘をつかれてかえって騙されてしまうことも考えられるためです。

 

2.本当に既婚者であることが発覚したら関係を切るべき?関係を続けるべき?

 

色々な情報をもとに男性の素性を探ってみたら,やはり既婚者であることが確定しました。そんな時,あなたはどうするべきでしょうか。

(1)交際を続けるかどうかの6つの診断シートで気持ちをチェックしましょう

これまで交際関係にあったのですから、相手の男性との関係をなおも継続したいとお考えの方もいらっしゃると思います。

 

しかし、相手の男性が既婚者であると分かっていれば初めから興味を持ったといえるでしょうか。今一度、胸に手を当ててよく考えてみましょう。

 

相手との交際を続けることについてのあなたの気持ちの診断シートです。

 

□本当に相手のことが好きなのかどうか

□何が好きなのか具体的にいえるかどうか

□相手のアプリのプロフィールに惹かれただけではないか

□初めから既婚男性だったと知っていたとしても好きになったのかどうか

□既婚男性はあなたに嘘をついていましたが,それでも信用しつづけることができるのか

□結局,妻や子供のもとに戻るかもしれないが,それでも信用しつづけることができるのか

 

こうした点をよく考えてみると,きっと良い答えが見つかると思います。

 

(2)既婚だと知った後に交際を続けたら,妻から不貞の慰謝料を請求されます

 

法的に言うと,相手の男性が既婚者であるにもかかわらず交際関係を継続させることにはメリットは全くありません。

 

あなたと相手の男性との関係はいわゆる不倫関係に当たります。

 

そうだとすれば、あなたは男性の妻から不貞の慰謝料請求を受ける恐れがあります。

 

あなたは相手の男性が既婚者であることを知って交際関係を継続していることになります。

 

そのため,あなたの男性に対する貞操権侵害に基づく慰謝料請求までも認められなくなる可能性が高いです。

 

そのため,関係を続けるという選択をした場合には,非常に大きなリスクを抱えることになります。

 

以上から、既婚男性との関係を継続することは避け、直ちに関係を断ち切ることが重要だといえます。

3.男性が既婚者であることを隠していたという証拠を保存しておきましょう

 

(1)既婚者であることを隠していたという証拠は絶対削除するな!

マッチングアプリで知り合った男性が実は既婚者だったという場合,裏切られたという気持ちが強いでしょう。

しかし,その勢いで男性とのラインのやり取りを消去したり,その男性の住所や連絡先を削除するといった行動にでることは絶対に止めましょう。

その理由は,あとで説明させていただきます。

(2)妻が不倫を疑って,慰謝料請求をしてきた場合に対処しなければならない

 

実際によくあることなのですが,妻の立場からみれば,あなたは夫の不倫相手に見えます。

 

妻は,あなたが相手を既婚者だと知らなかったとは考えないかもしれません。

 

その場合,妻は,高い確率で,あなたに不貞を理由とする慰謝料を請求することになります。

 

そうした場合に,あなたが既婚者であることを知らなかったという証拠を削除していたら,

慰謝料を払わなければならない可能性が出てくるのです。

 

あなたは,既婚男性に騙されて交際させられたばかりか,妻から慰謝料まで

請求されることになってしまいます。

 

よって,絶対に,相手が既婚者であることを隠していた証拠を残しておく必要があるのです。

(3)あなたが既婚男性に貞操権侵害の慰謝料を請求する場合に必要となるから

 

あなたが,後にその男性に対して貞操権侵害の慰謝料請求をすることを想定した場合,その請求が認められるために重要になるのが「証拠」です。

 

請求を認めるか認めないかは裁判所が判断するものですが,裁判所はあなたとその男性とは全く関係のない第三者です。そのため,その第三者にあなたとその男性との間に起こった出来事が本当であると判断してもらうためには「証拠」が必要となるのです。

 

たとえば,マッチングアプリ上で「独身です。」とか「結婚相手を募集しています。」と記載しているプロフィール画面のスクリーンショットを保存したり,メッセージ上で「独身だよ。」とか「結婚を前提に交際しよう。」などと述べている画面を保存すると良いでしょう。

 

 ※証拠の保存について,「既婚者しか登録してはいけないマッチングアプリに登録していること」をもって,直ちに,既婚者であることを隠していた証拠にはなるわけではないので,注意が必要です。

 

なぜなら,マッチングアプリの利用規約には利用資格として「高校生を除く18歳以上かつ独身であること」を掲げているものがほとんどですが,アプリの利用者が実際にその利用資格を満たしているかどうかについてはマッチングアプリを提供する会社において保証するものではないと利用規約に明示されているのが通常だからです。

 

すなわち,マッチングアプリで知り合った男性が既婚者であるかどうかは,その男性が自己を独身であるとか結婚相手を募集中であるなどと述べているかどうかを,確認する必要があります。

 

そのため,用心のためにも,男性とのやり取りの中で,「実は,既婚者だったりしないよね?」などと質問して,その男性から「違うよ。独身だよ」などとの回答をラインやメールでもらっておいた方が確実です。

 

その他、証拠として役に立つといえるものについては、別記事にもご紹介しておりますのでそちらもご参照ください。

 


関連記事:貞操権侵害の慰謝料の相場は?既婚者に独身だとだまされて(既婚者であることを隠されて)性的関係をもった場合

 

 

4.貞操権侵害の慰謝料請求のご相談を

知り合った男性が既婚者であると発覚した場合,あなたは様々な感情を抱くことでしょう。そんな場合,その男性に対して慰謝料請求をすることができます。

 

(1)貞操権侵害に基づく慰謝料請求をすることができます

具体的には,貞操権侵害に基づいて慰謝料を請求するという形になります。

 

貞操権侵害とは,性交渉を持つ相手方を自己の意思によって選択し又は自己の望まない相手方との性交渉を拒む権利を侵害することを言います。

 

そのため,貞操権侵害が認められるには,①性交渉を持ったこと②既婚者であることを隠していたことが必要となります。

 

 

(2)弁護士に相談しましょう

貞操権侵害に基づく慰謝料請求に関する裁判については法律の専門家である弁護士に相談してください。

 

なぜなら,裁判というのは多大な時間と労力がかかるものです。そのため,あなたの貴重な時間と活力を裁判に向けるのであれば,専門家である弁護士に任せて,他のことに時間と労力を費やす方が精神的・肉体的にも良いと言えるでしょう。

 

 

5.おわりに

マッチングアプリで知り合った相手が既婚者だったときは,まずは冷静に,本当にその人が既婚者かどうかの調査をしてみましょう。

そして,既婚者だと分かった時には,関係を続けるか辞めるかを真剣に考えてみましょう。

 

いざ,関係を辞めるという場合には,弁護士に相談して,騙していたことに対して責任を追及するために貞操権侵害に強い弁護士に相談した方がよいと思われます。

 

なお,弊所では貞操権侵害に基づく慰謝料請求事件を多く取り扱っております。

 

マッチングアプリで知り合った男性に対して,貞操権侵害に基づく慰謝料請求をしたいとお考えの方は,大阪市・難波(なんば)・堺市の法律事務所ロイヤーズ・ハイにお気軽にご相談ください。

 

当事務所は,電話,メール,ライン相談も受け付けておりますので,エリア問わず対応することができます。貞操権侵害の慰謝料請求は,安心の「完全成功報酬制」を採用しておりますので,まずはお問い合わせくださいませ。

 

このコラムの監修者

その他のコラム

【完全版】交際相手が実は既婚者だと発...

詳細を読む

【まとめ】既婚者の利用禁止マッチング...

詳細を読む

【まとめ】単身赴任中の男性が既婚者か...

詳細を読む

【完全版】弁護士が見る既婚者と独身者...

詳細を読む

独身だと騙されていた場合,妻からの不...

詳細を読む

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!

お電話でのお問い合わせ

面談のご予約はメールから