慰謝料請求を弁護士に依頼するメリット |大阪難波・堺の離婚慰謝料請求弁護士

大阪難波・堺の慰謝料請求専門サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでのご相談は24時間受付中

無料法律相談実施中

 06-6586-9400

土日祝・夜間も対応

24時間
メール受付中

慰謝料請求を弁護士に依頼するメリット

1.はじめに

 不倫をされた配偶者本人が,不倫相手や不倫をした配偶者に対し慰謝料を請求することはできます。しかしながら,本人が請求する場合,相手方は慰謝料請求を無視したり,不利な条件で合意を求めてくる場合もあり,慰謝料請求がうまくいかない場合があります。

もっとも,慰謝料請求を弁護士に依頼した場合には,以下のような様々なメリットがあります。

  • 解決策が見つかる

不倫慰謝料を請求する場合,不倫をされた配偶者本人が一人で行おうと考えても,どのようにして請求すればいいのかわからないと思います。相手方に対し直接慰謝料を求めても,相手方に無視された結果,慰謝料請求自体をあきらめてしまう場合があります。

もっとも,慰謝料請求を弁護士に依頼した場合,依頼者の方の具体的な状況を弁護士が把握してアドバイスをすることができるので,慰謝料請求をするための解決策が見つかります。

  • 精神的な負担が軽減される

 不倫をされた配偶者としては,非常に不安定な精神状態に置かれ,本人が慰謝料請求をする場合の本人の精神的な負担は大きなものとなります。

もっとも,弁護士に依頼すると,当事者同士が直接話し合いをすることなく慰謝料に関する交渉ができるので,早期解決が期待できます。その結果 ,本人が交渉することによる精神的な負担が軽減されます。

  • 弁護士が書面の作成や交渉まで全て代理人として行ってくれる

 本人が不倫慰謝料を請求する場合,内容証明等の書面の作成や相手方との交渉など全て自分で行わなければならず,時間的・精神的な負担は大きいです。また,交渉がうまくいかず,裁判を提起する場合に,本人が請求するのであれば手続きがどのように進行するのかわからないことがあると思います。

もっとも,弁護士に依頼すると,弁護士が依頼者の代理人として,相手方への書面の作成,電話や書面での交渉,示談書の作成などの手続きを全て,依頼者の方に代わって行います。また,依頼者の方が直接相手方と会う必要もなく交渉を進めることができます。

裁判を提起する場合には,手続きに精通した弁護士が依頼者の方の代わりに裁判の提起から,準備書面の作成も行います。

  • 裁判への出頭は不要になる

 相手方との交渉がうまくいかなかった場合,裁判を起こさなければならない場合があります。本人が慰謝料請求をする場合には,期日ごとに裁判所に出頭しなければなりません。

もっとも,弁護士に依頼すると,弁護士が代理人として裁判所に出頭することになるので,依頼者の方は裁判所に出頭する必要はありません。

  • 裁判所から和解案が出た場合,適切なアドバイスを受けられる

裁判になった場合,裁判所の方から和解案を提示されることがあります。本人が直接請求する場合には,その和解案が本当に自分の利益になるのかわからない場合があります。

もっとも,弁護士に依頼した場合,依頼者の方の代理人として,和解案に対し,事案に即した適切なアドバイスを提供することができます。

  • 尋問となった場合,万全の準備により尋問期日に臨める

 不倫慰謝料請求事件の場合,裁判手続きが進んでいくと尋問となり,裁判所や相手方から質問をされる場合があります。

この場合でも,弁護士に依頼すれば,事前に弁護士と十分な打ち合わせを行い,想定される質問に備えることができ,また,質問への回答の練習も行って尋問期日に臨むことができます。

  • 示談をする場合,署名押印が不要になる

 相手方との交渉がうまくいき,示談書を取り交わす場合,一般的に,当事者双方が署名押印しなければなりません。その結果,署名押印をする手間が生じるだけでなく,相手方に住所や慰謝料の送金のための預金口座も知られることになります。

もっとも,弁護士に依頼することで,依頼者の方に代わって弁護士が示談書に記名押印します。その結果,依頼者の方の住所などが相手方に知られることはなく,署名押印の手間を省くことができます。また,慰謝料の送金も,法律事務所の預かり金専用口座へ送金されるので,依頼者の方の預金口座を知られる心配もありません。

  • 相手方が慰謝料を支払わない場合の手続きも弁護士に任せられる

 慰謝料について相手方と示談が成立したり,裁判で慰謝料請求が認められた場合でも,相手方が慰謝料を支払わずに,慰謝料請求の意味がなくなってしまう場合があります。

もっとも,弁護士に依頼すれば,裁判の提起や強制執行の申立ても依頼者に代わり迅速に行うことができます。

2.おわりに

確かに,不倫慰謝料請求は,不倫をされた配偶者本人が直接行うことができますが,手続きを知らなかったり,相手方が応じないために結果として,十分に慰謝料を請求できない場合があります。

弁護士に依頼するメリットが多くありますので本人のみで解決しようとせず,弁護士に依頼することをお勧めします。

 法律事務所ロイヤーズ・ハイでは,慰謝料請求に関し経験豊富な弁護士が在籍しております。慰謝料請求を検討されている方は,当事務所の弁護士にご相談いただくことをお勧めします。

 

このコラムの監修者

その他のコラム

泣き寝入りせずに不倫慰謝料請求

詳細を読む

既婚者に独身だとだまされて(既婚者で...

詳細を読む

不倫相手に対する慰謝料請求と接触禁止...

詳細を読む

ダブル不倫(W不倫)の解決方法―問題...

詳細を読む

既婚者に独身だとだまされて交際をした...

詳細を読む

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!

お電話でのお問い合わせ

面談のご予約はメールから