ダブル(W)不倫の慰謝料請求 |大阪難波・堺の離婚慰謝料請求弁護士

大阪難波・堺の慰謝料請求専門サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでのご相談は24時間受付中

無料法律相談実施中

 06-6586-9400

土日祝・夜間も対応

24時間
メール受付中

ダブル(W)不倫の慰謝料請求

配偶者が不倫をしている。調べてみたところ,不貞相手も既婚者らしい…
こういったケースで,不貞相手に慰謝料を請求する場合,注意するべきことは何なのでしょうか。起こり得る問題点と共に,解説していきます。

1.ダブル不倫の特徴

ダブル不倫とは,既婚者である者同士が不倫をする場合をいいます。
A男とA子が夫婦で,B男とB子が夫婦である場合に,A男とB子が不倫する。これが,ダブル不倫です。
A子にしてみれば,夫が不倫をしているのです。B子が既婚者であろうと独身であろうと,その精神的苦痛の程度が異なるわけではありません。そのため,A子からB子への慰謝料請求は,その要件さえ満たせば問題なく可能です。

A子からB子への慰謝料請求は,B子が独身である場合と何ら変わりません。
しかし,B子にも配偶者がいます。B男も,自分の妻に不倫されているのです。立場はA子と同じです。つまり,B男もA男に対して慰謝料の請求ができるというわけです。
これが,ダブル不倫の特徴です。「配偶者に不倫された被害者」が,ダブル不倫の場合には2人存在するのです。

2.ダブル不倫の慰謝料請求は痛み分け?

A子からB子への慰謝料請求が可能なのであれば,何が問題なのでしょうか。
ここで考えなければならないのが,B男からA男への慰謝料請求です。A子がB子から慰謝料を払ってもらえたとしても,A男もB男に慰謝料を支払わなければなりません。
通常,夫婦のお財布は共通です。そのため,最終的には,A子がB子から得た慰謝料を,A男がB男に支払っている,という関係になるのです。例えば,A子がB子から慰謝料として100万円を支払ってもらったとします。逆に,A男がB男に慰謝料として100万円を支払うことになった場合,A夫婦の手元に残る財産は,慰謝料請求の前後で1円たりとも変わっていません。かえって時間や弁護士費用がかかり,財産的にはマイナスになっている可能性もあります。

つまり,A夫婦が離婚しない場合,A子からB子に慰謝料を請求しても,メリットがない可能性が十分あるのです。一方,A夫婦が離婚するのであれば,仮にB男からA男に慰謝料の請求が来ても,A子とA男のお財布は既に別々ですから,A子に痛手はありません。B子に慰謝料を請求することに躊躇はないでしょう。
それと同じで,B夫婦が離婚する場合,B男は迷わずA男に慰謝料請求してくるかもしれません。この場合に,A夫婦が離婚しないのであれば,結局A夫婦の財産からB男に慰謝料が支払われる,ということになります。

以上のように,ご自身が離婚するか否かによって,配偶者の不貞相手に慰謝料を請求するメリットは大きく異なります。また,不貞相手側が離婚するか否かも,重要な関心事だと言えるでしょう。

3.慰謝料請求で財産がマイナスに!?

ここまでお話ししてきたように,ダブル不倫で慰謝料請求をしても,財産的にプラスにならない可能性も高いのです。そればかりか,以下のような場合には取られる額の方が多く,財産的にマイナスになってしまうリスクまであるのです。

(1)そもそも慰謝料請求が認められない

A子がB子に慰謝料を請求するとします。ここで,不貞より前にA夫婦の婚姻関係が破綻していたと言える場合,A子からの慰謝料請求は認められません。また,B子が,A男が既婚者であることを知らなかった,又は知り得なかった場合,B子の不貞に故意・過失はないといえますから,この場合もA子からの慰謝料請求は認められません。
逆に,B夫婦は不貞が発覚するまで円満な夫婦生活を送っていた,A男はB子が既婚者であると知っていた,という場合には,B男からA男への慰謝料請求は認められる可能性がかなり高いのです。
つまり,A夫婦にしてみれば,B男に慰謝料を一方的に支払うのみで,財産的にはマイナスになってしまうのです。B男がB子の不貞に気付いていない場合に,A子からB子に慰謝料請求をしてしまうと,それによってB男がB子に不貞を知るかもしれません。そうなると,B男はA男に慰謝料を請求するでしょう。A子は墓穴を掘ったことになります。

(2)得られる慰謝料額が少額

慰謝料に決まった額はありません。様々な要素を考慮して,事案に応じて具体的な額が決定されます。額の算定にあたって考慮される要素には,以下のようなものがあげられます。

  • ①婚姻期間
  • ②不貞に果たした役割の大きさ(主導的役割を果たしたのはどちらか等)
  • ③社会的地位や経済力
  • ④未成年の子供の有無

ここであげたのはほんの一例です。他にも,様々な要素が考慮されます。
①~④にあげたものを例に,A子からB子へ,B男からA男への慰謝料請求を考えます。

  • ①B夫婦は婚姻期間がA夫婦よりずっと長い
  • ②A男がB子の上司で,A男が不貞に積極的役割を果たしていた
  • ③A男は社会的地位も高く,財産もたくさんある
  • ④B夫婦には1歳,3歳の子供がいる

これらの事情があると,A子からB子への慰謝料請求より,B男からA男への慰謝料請求の方が,額が大きくなる可能性が高いです。A夫婦にしてみれば,慰謝料請求をしても,赤字になる可能性が高いのです。


関連記事:「ダブル不倫(W不倫)の慰謝料相殺とは

4.一方配偶者に不貞がバレていなければ安全?

A夫婦にとってデメリットしかないように見える慰謝料請求ですが,メリットが見込める場合もあります。それは,「B男が不貞の事実を知らない場合」です。
B男がB子の不貞を知らなければ,B男からA男に慰謝料請求されることもありません。A子は心置きなくB子に慰謝料の請求ができるしょう。B子も,自分の夫婦関係が壊れることは望まないでしょうから,進んでB男に不貞のことを話すとも思えません。B男に知られずにA子・B子の問題を解決できれば,A夫婦にはメリットがあります。
ただし,慰謝料を請求することでB男が異変を察知しないとも限りません。B男にバレないことを望んで慰謝料請求をしても,その望みが叶わない可能性も,あらかじめ頭に入れておくべきです。

一方,B男に知られることを恐れて慰謝料請求をしなかった場合でも,安心はできません。数年たってB男がB子の不貞を知り,A男に慰謝料を請求してくるかもしれません。
「B男が請求してきたときに自分も請求すればいい」という考え方は甘いかもしれません。不貞の慰謝料請求の時効は,不貞の事実及び不貞の相手を知ってから3年(もしくは,不貞の時から20年)です。
A子は,B子が不貞相手だと知って慰謝料を請求していなかったのですから,3年の時効は既に進行しています。そのため,B男が請求をしてきた時には,A子からB子への慰謝料請求権は既に時効により消滅している可能性もあるのです。

5.おわりに

ダブル不倫の慰謝料請求は,不貞相手が独身の場合より問題は複雑です。慰謝料請求していたはずが,最終的には財産がマイナスになってしまった,という可能性もあるのです。
慰謝料請求するべきか,何もせずに放置するべきか,ご自身で判断することは難しいはずです。配偶者のダブル不倫での慰謝料請求を考えておられる場合は,一度弁護士にご相談ください。

このコラムの監修者

その他のコラム

泣き寝入りせずに不倫慰謝料請求

詳細を読む

既婚者に独身だとだまされて(既婚者で...

詳細を読む

不倫相手に対する慰謝料請求と接触禁止...

詳細を読む

ダブル不倫(W不倫)の解決方法―問題...

詳細を読む

既婚者に独身だとだまされて交際をした...

詳細を読む

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!

お電話でのお問い合わせ

面談のご予約はメールから