慰謝料を高額請求するためのポイント |大阪難波・堺の離婚慰謝料請求弁護士

大阪難波・堺の慰謝料請求専門サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでのご相談は24時間受付中

無料法律相談実施中

 06-6586-9400

土日祝・夜間も対応

24時間
メール受付中

慰謝料を高額請求するためのポイント

不貞が発覚し,配偶者の不貞相手に慰謝料を請求するのであれば,ご自身の精神的苦痛に見合った額を…と考えるでしょう。できるだけ十分な額を請求したいが,どういう事情があれば慰謝料は高額になるのか,分からないことも多いはずです。
ここでは,慰謝料が高額になる事情について,具体的に解説していきます。

1.慰謝料額の相場

不貞の慰謝料額は,これまで,離婚しない場合で50~100万円,離婚した場合は100~20万円と判断されていました。
しかし,最近気になる最高裁判例が登場しました。不貞行為によって離婚に至った場合でも,「特段の事情」がない限り,不貞相手に離婚に伴う慰謝料を請求することはできない,というのです(最判平成31年2月19日)。
ここでいう「特段の事情」とは,「単に夫婦の一方との間で不貞行為に及ぶにとどまらず,当該夫婦を離婚させることを意図してその婚姻関係に対する不当な干渉をするなどして当該夫婦を離婚のやむなきに至らしめたものと評価すべき場合」であると判示されています。

今後,判決が蓄積されるのを待つことにはなりますが,「離婚」が慰謝料の増額事情にならない可能性が出てきたことは,間違いありません。

2.慰謝料増額のポイント

既にお話しした慰謝料額の相場は,ある程度幅のあるものです。具体的な額を決めるためには,様々な考慮要素が存在します。そこで,どういった事情があれば慰謝料が増額されやすいのか,具体的にお話しします。

(1)婚姻期間

夫婦の婚姻期間が長ければ長いほど,被る精神的苦痛は大きいと考えられます。そのため,婚姻期間が長いという事情は,慰謝料の増額事由になり得ます。

(2)未成年の子どもの有無

子ども,特に扶養が必要な子どもがいる場合,慰謝料は増額される傾向にあります。不貞は夫婦の問題にとどまらず,子どもにも影響を与えるものです。不貞行為は「家庭」に影響を与えるものですから,子どもがいる場合には慰謝料の増額事由になります。
また,子供の人数が多いほど,慰謝料も増額される傾向にあるようです。

(3)夫婦関係

不貞が発覚するまでの夫婦関係が,何の問題もなく円満なものであった場合,不貞によって被る精神的損害は大きいはずです。そのため,それまでの夫婦関係が円満なものであればあるほど,慰謝料は増額される傾向にあります。

(4)不貞期間

不貞期間が長ければ,婚姻関係に及ぼす影響も大きいです。そのため,不貞期間が長期に及んだ場合,慰謝料は増額されると考えられます。
また,不貞の回数が多い場合も,同じことが言えるでしょう。

(5)不貞による妊娠の有無

不貞行為によって配偶者若しくは不貞相手が妊娠してしまったという場合も,慰謝料は高額になります。

(6)不貞発覚後の事情

不貞がバレてからも不貞関係を継続していたという場合や,全く反省の色が見えない場合にも,慰謝料は高額になります。不貞行為が悪質なものと判断されるからです。「関係を絶ちます」と誓約書まで作成していたにもかかわらず,不貞関係が継続していたという場合も,行為の悪質さから,慰謝料額は高額になるでしょう。
一方,不貞発覚後直ちに関係を絶ち,真摯に謝罪をしていたという場合は,そこまで高額にはならないかもしれません。

(7)不貞に対する態度

不貞相手が不貞に積極的だった場合には,慰謝料額は増額される傾向があります。
例えば,関係を持つきっかけを作った,拒否する相手に対してしつこく肉体関係を迫った,等の事情が考えられます。

(8)不貞相手の社会的立場・経済力

不貞相手に経済力があり,社会的地位も高いという場合,慰謝料額は高額になる傾向があります。慰謝料額がその人にとって痛手にならなければ,再度不貞を繰り返してしまうおそれがある,と考えられるからです。

(9)社会的制裁の有無

これまで,慰謝料が増額される事情についてお話してきましたが,1つ注意しなければなりません。既に不貞相手が十分な社会的制裁を受けていた,という場合です。
慰謝料は,精神的苦痛を補填するために支払われるものですが,不貞相手にとってみれば,制裁という意味合いも含まれます。そのため,不貞が原因で仕事を辞めざるを得なくなった等,既に十分な制裁を受けていると考えられる場合には,慰謝料額は低額になる傾向があります。

3.高額請求をするために

慰謝料増額のポイントが色々と存在することは,既にお分かりいただけたと思います。これらの増額事由が実際に存在しても,「証拠」が無ければ裁判になった時,増額要素として考慮してくれないかもしれません。そのため,不貞の証拠だけでなく,慰謝料の増額も意識した証拠集めが大切です。
例えば,長期間・複数回に及ぶ不貞関係を立証するためは,一回の不貞関係の証拠では足りません。長期間に及ぶLINEのやり取り(肉体関係が伺われるもの)や,ラブホテルに出入りする写真を複数回撮る等の,証拠の収集が必要になります。

ここでお話しした以外にも,増額事由は存在しますから,どのような事情で慰謝料が増額でき,どのような証拠を収集する必要があるのか,一度弁護士にご相談ください。

このコラムの監修者

その他のコラム

泣き寝入りせずに不倫慰謝料請求

詳細を読む

既婚者に独身だとだまされて(既婚者で...

詳細を読む

不倫相手に対する慰謝料請求と接触禁止...

詳細を読む

ダブル不倫(W不倫)の解決方法―問題...

詳細を読む

既婚者に独身だとだまされて交際をした...

詳細を読む

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!

お電話でのお問い合わせ

面談のご予約はメールから