今回のケースでは、慰謝料を請求してきた不貞相手の夫が、以前から不貞関係を認容するような言動をとっていました。その根拠となる証拠を依頼者に集めてもらって裁判所に提出し、「不貞を認容していた」という主張を継続したところ、50万円という低額での和解に成功しました。 【解決事例】 - 大阪難波・堺の離婚不倫慰謝料請求 弁護士法人ロイヤーズハイ

弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
大阪難波・堺の慰謝料請求専門サイト
既婚者の不貞(不倫)相手を妊娠させてしまったけど、慰謝料50万円で和解成立
子供の有無及び結婚歴: 子供 1人 結婚歴 5年未満

今回のケースでは、慰謝料を請求してきた不貞相手の夫が、以前から不貞関係を認容するような言動をとっていました。その根拠となる証拠を依頼者に集めてもらって裁判所に提出し、「不貞を認容していた」という主張を継続したところ、50万円という低額での和解に成功しました。

不倫相手の女性を妊娠させてしまいました。相手の夫婦は離婚することになったようです。
弁護士を通じて300万円の慰謝料を請求されましたが、無視していると訴訟を提起されてしまいました。