解決事例 | 大阪難波・堺の離婚慰謝料請求弁護士|弁護士法人ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の慰謝料請求専門サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでのご相談は24時間受付中

無料法律相談実施中

 06-6586-9400

土日祝・夜間も対応

24時間
メール受付中

ダブル不倫でゼロ和解が成立!

子供の有無及び結婚歴 子供:3人 結婚歴:20年以上

結果:ダブル不倫の場合、自分の配偶者の不貞相手に慰謝料請求できる方が二人いることになります。今回のケースだと、BさんはCさんに、DさんはAさんに慰謝料請求できます。 しかし、AB・CD夫婦それぞれが離婚しないのであれば、慰謝料を請求し合っても、「お金が行き来するだけ」という可能性があります。 今回のケースでは、4者間で合意書を締結し、お互いに慰謝料の請求をしないという、「ゼロ和解」が成立しました。

既婚者の男性(A)と肉体関係を持ってしまいました。男性の奥さん(B)に不貞の事実がバレてしまい、慰謝料請求されました。私(C)も既婚者で夫(D)に内緒にしたかったのですが、奥さんが立てた弁護士から自宅に届いた内容証明郵便を私の夫が受け取ったことで、私も夫に不貞の事実がバレてしまいました。

その他の解決事例

40代男性の場合

子供の有無及び結婚歴 子供 結婚歴

結果:1000万円の慰謝料請求を150万円に減額。

子供の習い事の場で知り合った既婚者の女性と不倫をしてしまい,それが女性の夫にバレて離婚することになったため,相手方の夫の弁護士から慰謝料を支払えとの電話がありました。 依頼者自身も妻帯者で,子供もいるため,家族にバレずに解決したいとの要望がありました。 証拠としては,依頼者自身が不倫を自白していたため,不倫自体は争わず,損害金額を争う交渉を弁護士間で行いまし…

ダブル不倫だったが、相手の奥さんから慰謝料を獲得

子供の有無及び結婚歴 子供2人 結婚歴10年以上

結果:ダブル不倫であっても、婚姻期間の長さや未成年の子の有無、社会的地位や不貞関係を持つに至った経緯等から、一方の責任が他方より重いと判断される場合もあります。 今回のケースでは、交渉段階で責任の重さを強調したところ、4者間和解で相手女性から70万円支払ってもらうことができました。

夫が職場の同僚と不倫していることが分かりました。慰謝料請求をしたいのですが、相手も既婚者です。私は夫と離婚する予定はなく、慰謝料請求をすることで相手からも請求されるかもしれない、「ゼロ和解」になるのかもしれない…と少し不安です。 …

せっかく締結した合意書なのに相手方が支払ってくれない!?

子供の有無及び結婚歴 子供なし 結婚歴5年以上

結果:合意書があれば、勝訴判決を得ることができる可能性は高まります。しかし、相手に財産が無ければ何の意味もありません。宝の持ち腐れになるのであれば、分割であっても、交渉段階で確実に支払ってもらえる内容で合意する方が良い場合もあります。 今回は、毎月3万円ずつの分割で、合計100万円の慰謝料を支払うという合意を締結しました。分割の場合は、履行を確保するため、公正証書を作成しておくこともポイントです。

夫の不貞が発覚したので相手の女性と話し合う場を持ち、「また不貞をしたら300万円支払う」という合意書を作成しました。今回、再び不貞行為に及んだので300万円の請求をしましたが、「払えない」と言われました。 相手の女性は顔見知りなので、生活に余裕がないことは知っています。支払う能力がないことは分かっているのですが、泣き寝入りするしかないのでしょうか。 …

30代の女性の場合

子供の有無及び結婚歴 子供 結婚歴

結果:200万円の慰謝料請求が50万円になりました。

職場の同僚の既婚者の男性と仲良くしていて,メールなども頻繁に行っていたり,手をつないだり二人で飲みにいったりしていました。 このメールのやりとりを男性の妻が発見して,不倫があるものとして慰謝料200万円の請求を行ってきました。 依頼者は,誤解させるようなやりとりはあったものの,性交渉は行っていないことを理由に減額を主張しました。 相手方は納得せず裁判になりま…

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!

お電話でのお問い合わせ

面談のご予約はメールから