「今」払えないとしても、定職についていれば毎月分割で慰謝料を払ってもらうこともできるでしょう。また、相手の職場を知っているのであれば、公正証書を作成することで、将来支払いが滞った場合に給料を差し押さえることができます。また、相手にとってみれば公正証書は「支払わなければ給料を差し押さえられるかも」という心理的圧迫にもなりますから、間接的に支払いを確保することができます。 今回のケースでは、一部を頭金として支払ってもらい、残りは毎月5万円ずつ、合計200万円の支払いで合意できました。 【解決事例】 - 大阪難波・堺の離婚不倫慰謝料請求 弁護士法人ロイヤーズハイ

弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
大阪難波・堺の慰謝料請求専門サイト
不貞相手の男性から慰謝料200万円を獲得
子供の有無及び結婚歴: 子供 1人 結婚歴 10年以上

「今」払えないとしても、定職についていれば毎月分割で慰謝料を払ってもらうこともできるでしょう。また、相手の職場を知っているのであれば、公正証書を作成することで、将来支払いが滞った場合に給料を差し押さえることができます。また、相手にとってみれば公正証書は「支払わなければ給料を差し押さえられるかも」という心理的圧迫にもなりますから、間接的に支払いを確保することができます。 今回のケースでは、一部を頭金として支払ってもらい、残りは毎月5万円ずつ、合計200万円の支払いで合意できました。

妻の不貞が発覚し、離婚することになりました。妻の不貞相手と一度直接話はしましたが、いかにも「遊び人」といった感じで、貯えもなさそうでした。少額でも、現状で支払えるという額を貰って終わりにすべきでしょうか。