解決事例 | 大阪難波・堺の離婚慰謝料請求弁護士|弁護士法人ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の慰謝料請求専門サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでのご相談は24時間受付中

20代後半の男性の場合

子供の有無及び結婚歴 子供:なし 結婚歴:1~3年

結果:和解交渉で,150万円を分割して支払う旨の公正証書を作成して解決。

自身の妻が,職場の取引先の男性と不倫をしてしまった。
不倫の証拠としては,妻と不倫男性とのLINEのやりとりのみ。

依頼者としては,不倫が発覚したため,妻とするつもりでしたが,妻との離婚協議は自身で行い,取引先の男性に対し慰謝料の請求をすることが要望でした。
そこで,弁護士から,相手方の男性に対して,電話で交渉したところ,不貞について認めました。
もっとも,相手方の男性は,一括で用意できる金銭がなかったため,総額を150万円として,毎月分割で支払うことになりました。そこで,公正証書を作成し,相手方が支払いを怠った時は,給料やそのほかの財産を差し押さえられるようにしました。
依頼から3か月で解決に至りました。
 
また,弁護士のアドバイスもあり,依頼者は自身で妻と離婚協議がまとまりました。

その他の解決事例

40代女性の場合

子供の有無及び結婚歴 子供 結婚歴

結果:300万円の慰謝料請求を30万円に減額。

職場の男性からアプローチを受け,依頼者の家に何度か通っていたところを,探偵に取られて,男性の妻から,300万円の慰謝料請求をうけました。依頼者は,この請求を無視していたところ,弁護士から裁判を起こされました。 依頼者としては,あまりお金もなく,どうしていいか分からないことと,慰謝料を減額してほしいとの要望がありました。 証拠としては,探偵の調査報告書がありま…

ダブル不倫でゼロ和解が成立!

子供の有無及び結婚歴 子供3人 結婚歴20年以上

結果:ダブル不倫の場合、自分の配偶者の不貞相手に慰謝料請求できる方が二人いることになります。今回のケースだと、BさんはCさんに、DさんはAさんに慰謝料請求できます。 しかし、AB・CD夫婦それぞれが離婚しないのであれば、慰謝料を請求し合っても、「お金が行き来するだけ」という可能性があります。 今回のケースでは、4者間で合意書を締結し、お互いに慰謝料の請求をしないという、「ゼロ和解」が成立しました。

既婚者の男性(A)と肉体関係を持ってしまいました。男性の奥さん(B)に不貞の事実がバレてしまい、慰謝料請求されました。私(C)も既婚者で夫(D)に内緒にしたかったのですが、奥さんが立てた弁護士から自宅に届いた内容証明郵便を私の夫が受け取ったことで、私も夫に不貞の事実がバレてしまいました。 …

婚姻歴が短くても、慰謝料100万円を獲得

子供の有無及び結婚歴 子供なし 結婚歴1年

結果:不貞回数が少なく、婚姻期間が短くても、「不貞があった」と言うことができれば、慰謝料は請求できますし、「不貞が原因で離婚した」と言えれば、増額事由にもなります。 相手方としっかり交渉した結果、慰謝料として100万円の支払いを受けることができました。

結婚して数か月、妻がインターネットで知り合った男性と仲良くなり、一度だけ肉体関係をもったようです。妻とは離婚することにしましたが、不貞回数が1回で、しかも婚姻期間も短いのですが、こんな場合でも慰謝料請求できるのでしょうか。 …

不貞関係は誤解!慰謝料ゼロ・謝罪で解決したケース

子供の有無及び結婚歴 子供2人 結婚歴20年以上

結果:誤解であることを丁寧に何度も説明し、勘違いさせてしまう行動を取ったことに関して、弁護士同席のもと直接謝罪をしたことで、相手の女性にはなんとか納得していただけました。 そのため、最終的に慰謝料を支払うことはありませんでした。

学生時代の友人と再会し、思い出話に花が咲き、頻繁に食事やLINEのメッセージ交換をしていたところ、友人の奥さんから不貞を疑われました。完全な濡れ衣ですが、いくら話しても納得してもらえず、ついには慰謝料として200万円を請求されました。 …

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!

お電話でのお問い合わせ

面談のご予約はメールから