証拠が大切 |大阪難波・堺の離婚慰謝料請求弁護士

大阪難波・堺の慰謝料請求専門サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでのご相談は24時間受付中

証拠が大切

1.はじめに

不倫慰謝料を請求する場合,慰謝料を請求する側が,不貞行為にあたる事実を証拠により証明しなければなりません。
では,どのような証拠により不貞行為にあたる事実を証明することができるのでしょうか?
以下では,不貞行為を証明する証拠としてどのような物があるかについて解説します。

2.慰謝料請求に役立つ証拠

不貞行為を証明する証拠として次の証拠が役に立ちます。
・配偶者と不倫相手が写っている写真・動画
配偶者と不倫相手がホテルなどに出入りしている写真や動画,性行為や性行為に類似する行為をしている写真や動画があれば,不貞行為を証明する証拠として強いです。
もっとも,配偶者が不倫相手と旅行していたり,不倫相手の部屋に出入りしているだけの写真や動画では,不貞行為の証明には不十分な場合があります。
なお,写真や動画はそれらの内容だけでなく,その日付や,他の証拠との関係でも重要な意味を持ちます。
・不倫を自白した音声データ
配偶者が不倫を認める発言した場合,それを録音したデータが不貞行為の証明に有力な証拠となります。もっとも,感情的なやり取りや強引な方法により不倫を認めさせ,不倫を認めた部分のみを抜き出して証拠として提出する場合,不貞行為の証明力は低くなるので注意が必要です。
そこで,当事者双方が冷静に話し合い,やり取り全体を録音する必要があります。
・配偶者と不倫相手のメール,SNSでのやりとり
メールやSNSのやり取りは,その内容を撮影したり,スクリーンショットを撮って自分に転送したりし,これらをプリントアウトすることで証拠化することができます。
どんな内容のメールやSNSのやり取りが証拠になるのではなく,不貞行為があったと推測できる内容でなければなりません。単に,配偶者と不倫相手のやり取りが不貞行為を確認できない日常的な内容である場合には,不貞行為の証明に役立ちません。
メールやSNSのやり取り自体は,内容が真実であるかは明らかではありませんが,不貞行為を証明する証拠として役立ちます。メールやSNSのやり取りと合致するような配偶者の不自然な行動があれば,併せて不貞行為を強く推認させる証拠になります
なお,この証拠を収集する場合,配偶者の携帯電話を盗み見るという方法により行われることがあるので,プライバシー侵害にあたる可能性があります。プライバシー侵害にあたる方法による証拠の収集は,直ちに証拠能力が否定させるものではありませんが,慰謝料の額が減額されるという危険があります。
・配偶者と不倫相手の電話の通話記録,通話履歴
これも,メールやSNSの内容と同様に不貞行為があったことを推測できる電話の通話記録であれば,不貞行為の証明に役立ちます。もっとも,単に,配偶者と不倫相手が電話していたという通話履歴では,不貞行為の証明には役立ちません。
これについても電話の通話記録と合致する配偶者の不自然な行動があれば,併せて不貞行為を推認させる有力な証拠となります。
・領収書
領収書の内容により,不貞行為の証明に役立つかどうかは変わっていきます。例えばラブホテルの利用したことを示す領収書であれば,不貞行為の証明に役立ちます。一方,単に,物を購入したときのレシートであったり,飲食店を利用したときの領収書であれば,これ自体では不貞行為の証明に役立ちません。
・配偶者のクレジットカードの使用履歴
配偶者がクレジットカードを何に利用していたかどうかも不貞行為の証明に役立つ場合があります。例えば,クレジットカードの使用履歴にラブホテルでの使用があれば不貞行為の証明に役立ちます。
・興信所や調査会社の報告書
配偶者が不倫をしているかを知るために興信所や調査会社を利用する場合があります。そして,調査結果が報告書として記載されます。例えば,報告書に配偶者と不倫相手がホテルに出入りする写真や目撃情報を記載されている場合には,不貞行為を証明する有力な証拠となります。
・配偶者のGPSの移動記録
配偶者のGPSの移動記録として,配偶者がラブホテルに滞在している記録があれば,不貞行為を証明する証拠として役立ちます。

以上の通り,様々な不貞行為を証明する証拠がありますが,内容によってそれ単体ではあまり役に立たない物もあります。もっとも,あまり証明に役に立たない物であっても,それらを積み重ねることによって,また,他の証拠と組み合わせることによって不貞行為にあたる事実を証明することができます。
そのため,複数の証拠を組み合わせることで,不貞行為の事実を証明するのがいいでしょう。

3.おわりに

不倫慰謝料を請求するには,不貞行為にあたる事実を証拠により証明しなければなりません。そして,証拠には様々な物があり,複数の証拠を組み合わせることで不貞行為の事実を証明するのが有効であると考えられます。もっとも,本人だけでは,どのような証拠を集めればいいかわからないことがあるので,弁護士に相談することをお勧めします。
法律事務所ロイヤーズ・ハイでは,不倫慰謝料請求に関し経験豊富な弁護士が在籍しております。不倫相手や不倫をした配偶者に対し不倫慰謝料請求を検討されている方は,当事務所の弁護士にご相談いただくことをお勧めします。

このコラムの監修者

その他のコラム

慰謝料の分割払いのメリットとデメリッ...

詳細を読む

婚姻期間と慰謝料額との関係

詳細を読む

離婚後の慰謝料請求の可否

詳細を読む

突然、離婚後に別れた配偶者から慰謝料...

詳細を読む

不倫慰謝料は、不倫した配偶者も連帯責...

詳細を読む

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!

お電話でのお問い合わせ

面談のご予約はメールから