不倫相手が妊娠したら…中絶・出産どちらも慰謝料請求される? |大阪難波・堺の離婚慰謝料請求弁護士

大阪難波・堺の慰謝料請求専門サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでのご相談は24時間受付中

不倫相手が妊娠したら…中絶・出産どちらも慰謝料請求される?

1.はじめに

もし,あなたの不倫相手に子どもができた場合,不倫相手との間だけでなく,あなたの家庭内でも様々な問題が生じます。

以下では,不倫相手に子どもができた場合の対応方法と法律問題について解説していきます。

2.不倫相手が妊娠したらとるべき対応

・事実確認をする

不倫相手から妊娠したことを告げられたとしても,妊娠を確認していない場合や不倫相手の勘違いの場合もあります。まず,不倫相手と一緒に病院に行き,妊娠の事実を確認する必要があります。なお,妊娠の事実が確認できるのは妊娠5週目以降となります。

・不倫相手と子どもについて話し合う

不倫相手が妊娠をした場合,放置せず不倫相手と話し合う必要があります。放置した場合,不倫相手が家庭や職場に押しかけ様々な問題が生じる可能性がありますし,不倫相手が妊娠の事実を話す可能性もあるからです。

この話し合いでは,不倫相手の精神的な負担を解消,軽減するように努めながら話し合いをする必要があります。

また,不倫相手と話し合う場合,中絶が可能な妊娠22週目までに結論を出す必要があります。

・不倫相手と自分の関係について話し合う

〇不倫相手が中絶を選択した場合

不倫相手が中絶を選択した場合には,不倫関係が終了する場合が多いと考えられます。

そして,中絶には,中絶費用が発生します。法律上は,二人で折半することが多いですが,女性には中絶手術で体に負担が生じるので,男性側が全額負担する方が妥当であると考えられます。

〇不倫相手が出産を選択した場合

不倫相手が出産を選択した場合,奥さんと離婚して不倫相手と結婚すること,不倫関係を継続すること,不倫関係を終了させることが想定されます。

不倫相手が妊娠したことを理由にあなたに結婚を求めてきた場合は,様々な問題が生じるのを覚悟しなければなりません。

この場合,不倫相手が奥さんの方に連絡したり,奥さんに連絡するよう要求したりする結果,奥さんは不倫の事実や不倫相手の妊娠の事実を知ることになります。これにより,離婚・養育費・慰謝料などの問題が現実化していきます。

そのため,あなたは自分の家族と話し合い,その結果を不倫相手に伝える必要があります。

・不倫相手の妊娠の事実を妻に打ち明ける

一般に,不倫相手が妊娠した場合,夫の方はこの事実を妻に隠したいと思う傾向にあります。

しかしながら,不倫相手が,子どもを産みたいと言ったり,妻と別れてほしいと求めている場合には,妻に対し不倫の事実と妊娠の事実を打ち明け,謝罪し,妻の意見を聞く必要があります。

不倫相手に子どもができた場合の法律問題

 不倫相手に子どもができた場合,次のような様々な法律問題が生じます。

・不倫相手からの慰謝料請求

まず,中絶をした場合,あなたの対応が悪ければ,あなたは,不倫相手から,不倫相手の経済的,精神的,身体的負担を軽減,解消するように努める義務の違反を理由とする慰謝料請求がされる場合があります。

一方,子どもを産む場合には,慰謝料は生じません。もっとも,子どもを産むかどうか関係のない場面で,精神的な苦痛を与えた場合には,慰謝料を請求される可能性があります。

・不倫相手が出産した場合の子どもの認知

認知により,子どもの養育費を支払う義務が生じます。また,認知により,法的に父と子どもの関係が生じるので,認知をした人が死亡した場合に,妻との間の子どもだけでなく,不倫相手との間の子どもが法定相続人となります。

認知をするかどうかは本人の意思によるものですが,不倫相手は,認知請求をすることができます。また,認知請求に応じない場合は,DNA鑑定等により強制認知を求められる可能性もあります。

・妻からの離婚請求

奥さんは,あなたの不貞行為の事実と不倫相手との間に子どもが生まれたことを知り,離婚を求める場合があると考えられます。

この場合,話し合いにより離婚が成立すれば離婚請求の問題は終了しますが,あなたが離婚請求に応じずに,裁判となった場合には,裁判で離婚の請求が認められる可能性が高いです。

また,離婚に伴ってあなたは,奥さんから様々な金銭の請求がされることが想定されます。

奥さんは,あなたに対し,慰謝料を請求することが考えられます。相場としては,数十万円から500万円程度です。

慰謝料請求以外には,婚姻費用や財産分与,年金分割の請求がされることも考えられます。

婚姻費用とは,夫婦の別居期間中の収入が多い方から少ない方に渡す生活費をいい,あなたの年収が奥さんよりも高い場合には,別居開始から離婚までの婚姻費用を請求されることになります。

財産分与とは,婚姻中に築いた共有財産を分け合うことをいいますが,奥さんが専業主婦の場合には折半することが多いです。

年金分割とは,婚姻期間中に拠出した年金を夫婦で按分する制度をいい,これも奥さんから請求される場合があります。

さらに,金銭面以外では,あなたと奥さんとの間に子どもがいる場合には,子どもの親権をいずれかにしなければなりません。話し合いで親権が決まる場合もありますが,双方が親権を譲らない場合,調停や裁判で親権者が決められることになります。

・妻から不倫相手への慰謝料請求

奥さんが不倫相手に対し慰謝料を請求することが想定されます。

まず,奥さんがあなたと離婚する場合には,通常,あなたと不倫相手の両方を相手に慰謝料請求することが考えられます。

一方,離婚しない場合には,あなたに慰謝料請求するのは無意味であるので不倫相手にのみ慰謝料請求をすると考えられます。

3.おわりに

 不倫相手に子どもができた場合にとらなければならない対応は多いです。また,不倫相手に子どもができたときは様々な法律問題が生じることになります。

法律事務所ロイヤーズ・ハイでは,男女問題に関し経験豊富な弁護士が在籍しております。男女関係についてお悩みのある方は,当事務所の弁護士にご相談いただくことをお勧めします。

このコラムの監修者

その他のコラム

慰謝料の分割払いのメリットとデメリッ...

詳細を読む

婚姻期間と慰謝料額との関係

詳細を読む

離婚後の慰謝料請求の可否

詳細を読む

突然、離婚後に別れた配偶者から慰謝料...

詳細を読む

不倫慰謝料は、不倫した配偶者も連帯責...

詳細を読む

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!

お電話でのお問い合わせ

面談のご予約はメールから